繊維加工事業
- 製品・サービス -

サービスの具体的な内容をご紹介させていただきます。

各種繊維の染色

受託加工

お客様がご用意する各種合成繊維・天然繊維の原料ワタやロープ等の繊維製品を染色致します。

繊維種類と染色方法

ナイロン、アクリル、ポリエステル、ビニロン、レーヨン等の合成繊維、羊毛、シルク、綿、麻等の天然繊維を染色しております。酸性染料、酸性媒染染料、含金染料、直接染料、分散染料、カチオン染料、反応染料などを使用した各種染色方法に対応しております。

加工できる形状

原料ワタなど短繊維、糸屑や縫製屑など再生用の繊維原料、ロープやネットなどの製品等です。糸染めはカセ染めによる対応となり、絡まない程度の太番手である必要があります。 1mm以下のパイル状の繊維や、粉に近い形状の物も専用の加工袋で対応しております。

機能性付与加工

お客様がご用意する繊維製品に、薬品メーカーが提供している繊維向けの機能性付与薬剤を用いた機能性付与加工を行います。

防炎加工(難燃加工)

防炎剤を使用し繊維に防炎機能を付与します。一般的には編生地やロープなどの繊維製品が加工対象となります。

抗菌加工

抗菌剤を使用して繊維製品に抗菌機能を付与します。

その他加工

防臭、撥水、SR、UVカット、制電、その他各社化学メーカーが提供している薬剤を使用して機能性を付与する加工を行います。 但しメーカーレシピがオーバーマイヤー加工機もしくは手作業による浸漬加工に適さない場合は対応できません。

繊維改質加工

薬品やpH調整、熱や圧力による加工で繊維の性質に変化を与え機能性を付与する加工です。お客様がお持ちのノウハウとレシピに基づき弊社の加工環境で本生産を行うケースが大半です。

機能加工との違い

機能加工の多くは機能性を持つ薬剤を繊維表面に付着させることで繊維製品に機能性を持たせます。対する繊維改質では、薬剤やpH調整、熱や圧力によるアプローチで繊維の化学構造に変化を与えることで機能性を付与します。

一例:吸湿性機能付与

ある繊維に特殊な加工を施すことで超吸湿性を持つ繊維に変質させます。この繊維を一定量含んだ繊維製品は吸湿発熱性があり、冬場保温性の優れるインナーなどとして利用されます。

加工場をお探しのお客様へ

ラボによる技術確認は済んでいるものの、本生産を行う加工場でお困りのお客様。ぜひ弊社にご相談ください。オーバーマイヤー加工機による強アルカリ・強酸、130℃までの高温高圧処理にて安定した本生産を受託加工致します。必要に応じNDA(秘密保持契約)を締結してお客様の収益確保に尽力致します。