機能材料事業
~ 事業概要 ~

機能材料の多色化技術を活かしお客様のカラー展開をサポート致します。

機能材料の多色化技術

機能材料とは

材料は何かしらの機能性を持っているという意味では全ての材料が機能材料ですが、ここでは特に特徴的な機能性を持つ材料を機能材料としております。中でも機能性顔料といわれる「着色目的以外に機能性を付与することを目的として使用される素材」の多色化を得意としております。

弊社が手がける機能材料の一例

  • 暗闇で発光する蓄光顔料
  • 紫外線で発光する蛍光顔料
  • 温度で色が変化する示温顔料
  • 光を特定の方向に返す再帰反射素材
  • 赤外線を強く反射する顔料
  • 負荷に反応し発光する顔料
  • 特定の温度で発泡する素材

多色展開が遅れがちな機能材料

機能材料はその特徴的な機能から産業資材などに使用され発展するケースが多いようです。多くは機能材料メーカーのカラーラインナップそのままで展開され多色展開が遅れがちです。 その理由には、
  • 産業資材では機能性が優先されデザインの優先順位が低い
  • 特徴的な機能に満足してしまいデザインに意識がまわらない
  • 着色することで機能性が損なわれる
  • 機能材料メーカーが多色展開をサポートしていない
などが考えられます。

多色化が新たなニーズを生み出す

多色化が二の次にされがちな機能材料、これを多色化することでファッションや雑貨など嗜好品の商品企画に着目されるようになり、応用展開の範囲は一気に広がりを見せます。

具体例を一つ紹介させていただきます。
暗闇で発光する蓄光顔料。避難標識や安全ロープなどの資材を中心に使用される機能材料ですが、弊社のマルチカラー化により広い範囲への応用展開が生み出されました。
例えば明るい時も暗い時もキャラクターカラーを忠実に再現した子供向けの光るパジャマや、様々なカラーに光るフィギュア、豊富なデザインの釣具などに採用されております。

産業資材で展開されている機能材料を更に広い範囲に応用展開しようとする場合、多色化は超えなければならない課題といえるでしょう。そのサポートをさせていただくのが弊社のサービスです。